沿革|株式会社さんぽう

沿革

■昭和40年(1965年〜)

昭和43年11月 産業教育情報センター(個人)設立。(代表者・渡邉洋一)
昭和44年2月 若者の進路ガイド誌「進路と職業」(季刊)を創刊。6大取次店を通じ全国有力店にて販売(後に「スペシャリストコース」と改題、また隔月発刊となる。)
昭和53年11月 産業教育情報センターから株式会社さんぽう設立。(代表取締役・渡邉洋一)
昭和54年1月 高校内開催の「専門学校進学説明会」を東京、関東各地で開催する。
昭和54年5月 さんぽうビル取得、移転(初台)
昭和56年11月 大阪支社を発足、ガイダンス業務を主体。東北方面のガイダンスも手がける。また、大学・短大も扱う。
昭和58年11月 仙台に出張所開設。(株)現代企画センターを設立(代表取締役・渡邉洋一)し、(株)さんぽうの制作・編集部門を移行する。
昭和60年3月 名古屋支社開設。
昭和61年度 ビデオ、留学生ガイド誌、看護模試、受験講習会等開始。

■平成元年(1989)〜

平成元年12月 台湾にて進学説明会開催
平成2年4月 企業研究見学会、企業ゼミナール
平成5年2月 長野駐在所倉庫開設
平成7年12月 大学・短大向け情報誌を追加、大短営業の強化を図る。
平成8年7月 高校内「頒布会」開始
平成10年3月 さんぽうビル竣工
平成10年10月 長野営業所開設、一般労働者派遣事業許可
平成11年4月 福岡営業所開設
平成11年12月 大学就職部用「ボックスパック」実施
平成12年6月 つくにはブックス新創刊
平成13年4月 福岡支社開設
平成13年7月 中国(北京・上海)留日説明会開催
平成13年9月 韓国(ソウル、釜山)留日説明会開催(中国語、韓国語、情報誌発行)
平成14年10月 日本語学校ネットワークとの共催により、新宿で留学生会館説明会を開催
平成15年4月 横浜営業所開設
平成15年8月 ベトナム(ハノイ、ホーチミン)留日説明会開催
平成15年9月 韓国(ソウル)、留日説明会開催。「海外留学ポスター」発行
平成15年11月 新社長に渡邉王雄就任(前社長は会長職に)。
平成15年11月 NPO法人日本学校進路指導支援協会設立、事務局となる
平成16年5月 就職指導員配置事業を埼玉県より請ける(高校への派遣事業)
平成16年10月 日本エレクトロニクス協会主催、シーテックジャパンフェアの産学交流ブースを設置運営(筑波大、日本女子大等30ブース)
平成16年11月 看護・医療系進学ネット開始
平成17年4月 さんぽう進学ネット開始
平成17年9月 広島営業所開設
平成17年9月 ネパールにて「留日説明会開催」
平成17年11月 アメリカ留学フェアのポスター制作及び広報代行業務をアメリカ大使館より請ける
平成18年1月 長野県東御市にさんぽう「学習教育資料センター」を竣工
平成18年9月 NPO日本学校進路指導支援協会による、全国の高校生「第一回キャリア(進路)についての短歌・生活文コンテスト」開催
平成19年4月 厚生労働省委託業務「高校生に対する就職事業」を受託
平成19年6月 関東地区理容師美容師養成施設協議会より「進学ガイドブック」制作受注
平成20年9月 同協会より高校教員対象理容美容教育研究会全8会場運営受託
平成20年9月 12月に幕張メッセで行われた半導体装置国際展「セミコンジャパン」の学生向企画を受注
平成20年〜23年 企業からコラボ・企業依頼増加
平成23年 薬学部大学生の就職支援事業開始
平成25年 大阪支社が6階建ビル取得移転(平成26年1月)
平成24年〜27年 JASSO(独立行政法人日本学生支援機構)より海外留学フェア、及び留学試験等の業務を委託
  1. トップ
  2. 沿革